2010年01月25日

経済、安保で質疑=衆院予算委(時事通信)

 衆院予算委員会は22日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して、2009年度第2次補正予算案に関する基本的質疑を続行する。自民党の茂木敏充幹事長代理が最初に質問し、同予算案の景気浮揚効果や今後の成長戦略などに対して、首相らの見解をただす。 

【関連ニュース】
政治とカネ、谷垣氏攻め切れず=党首対決も自民内に不満
日米同盟が基軸=鳩山首相
捜査可視化、賛同相次ぐ=小沢氏系グループ会合
憲法解釈、答弁に窮する官房長官=法制局長官「外し」で支障
誤報と回答、法務省はしてない=小沢氏の不記載了承報道

<名護市長選>新人と現職が立候補 普天間移設にも影響(毎日新聞)
食パン2袋から針=13日にも同店舗で3本-三重(時事通信)
<新型インフル>名古屋大、三重大は追試せず(毎日新聞)
自民が7人を追加公認 青木氏も 南部氏は辞退(産経新聞)
<衆院予算委>首相、議員生命懸ける 「戦う野党」自民不発(毎日新聞)
posted by ヒロタ マサオ at 14:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。