2010年02月04日

大阪の替え玉殺人、中国籍の女に無期判決(読売新聞)

 夫と替え玉男性2人の計3人を殺害し、夫の財産を詐取したとして殺人や詐欺などの罪に問われた中国籍の元スナック経営・尹麗娜(インリナ)被告(54)の判決が28日、大阪地裁であり、長井秀典裁判長は無期懲役(求刑・死刑)を言い渡した。

 長井裁判長は、3人のうち替え玉男性1人の殺害については有罪と認定。夫については傷害致死罪とし、別の替え玉男性の殺害は無罪とした。

 尹被告は2001年10月~02年2月、夫の加藤善一郎さん(当時77歳)と、加藤さんの替え玉に仕立てた高木清さん(同71歳)と近藤晃さん(同69歳)を次々に殺害、加藤さんの預貯金など約3200万円をだまし取ったとして起訴された。

 尹被告は昨年8月の初公判で、詐欺罪の一部について認めたものの、3人の殺害については「殺していない」と無罪を主張していた。

大阪地検、供述メモ廃棄…郵便不正事件(読売新聞)
<匿名通報ダイヤル>2月から児童虐待の情報も受け付け(毎日新聞)
<編集長インタビュー>激動の経済とともに歩んで10周年 「ダイヤモンド ZAi」 尾川賢志さん(毎日新聞)
秋葉原無差別殺傷 あす初公判 責任能力、どう判断(産経新聞)
補助金2年間ゼロに=第一藍野学院の虚偽申請-私学事業団(時事通信)
posted by ヒロタ マサオ at 09:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。