2010年04月08日

「命の限り頑張る」審理差し戻しに奥西死刑囚(読売新聞)

 名張毒ぶどう酒事件の再審請求で、奥西勝死刑囚(84)(名古屋拘置所在監)の再審を開始するか否かの審理を名古屋高裁に差し戻した最高裁決定を受け、弁護団は6日、奥西死刑囚と面会し、結果を報告した。

 「良い結果が出てうれしい。一日も早く再審をしていただき、冤罪(えんざい)が晴れるまで頑張ります」。事件発生から49年。奥西死刑囚は安堵(あんど)の笑顔をみせたというが、最終的な司法判断の時期はまだ見通せない。

 最高裁決定は5日付。再審開始決定を取り消した2006年12月の名古屋高裁決定を再び取り消したもので、この決定により、死刑の執行が停止される。弁護団は6日、名古屋拘置所の面会室で、奥西死刑囚に決定の内容を説明した。弁護団によると、奥西死刑囚は青色のセーターに灰色のズボンで現れ、顔色は良かったという。最初は状況を理解できず、きょとんとしながら、「どうなるんですか」と聞き返したが、小林修弁護士(57)と鬼頭治雄弁護士(38)が状況を説明すると、「勝ったんですか」と穏やかな笑顔を見せたという。

 2003年には胃がんが見つかって胃の3分の2を摘出し、おかゆ中心の食事になっているという奥西死刑囚だが、面会した支援者で特別面会人の稲生昌三さん(71)が「いよいよですよ」と話しかけると、奥西死刑囚はぐっと身を乗り出し、「わしも頑張る。命の限り頑張る」と応じた。

 この日、名古屋市の愛知県弁護士会館で記者会見した鈴木泉弁護団長(63)は「再審無罪に向けて光が差し込んだ。大きく前進した」と笑顔をのぞかせた。ただ、審理が名古屋高裁に差し戻された点については、「奥西さんは40年以上にわたって拘束され、死刑の恐怖にさらされている。凶器について疑問があることが明らかになったのだから、最高裁が自ら再審開始を決定するべきだった」と不満も漏らした。

 一方、最高裁決定が、農薬の「ニッカリンT」の再鑑定を改めて求めている点について、鈴木団長は「事件当時の条件での再鑑定は、現実に相当困難だったので試みなかった。今から検討を始める」と慎重に言葉を選んで答えた。ニッカリンTはすでに製造が中止され、再鑑定には困難が予想される。

 ◆名張毒ぶどう酒事件◆

 1961年3月28日、三重県名張市の公民館で開かれた会合で、ぶどう酒を飲んだ地域の女性5人が死亡、12人が中毒症状を起こした事件。奥西死刑囚の妻と愛人が死亡し、奥西死刑囚は捜査段階で、三角関係を清算するためぶどう酒に農薬のニッカリンTを入れたと自白したが、起訴前に否認に転じ、公判では無罪を主張。1審・津地裁は64年、自白の信用性を否定して無罪を言い渡したが、2審・名古屋高裁は69年、逆に死刑を言い渡し、72年に最高裁で確定した。

「台風の目」になれるか 与謝野氏離党で新党結成の動き加速(産経新聞)
「孤独死」身近に感じる高齢者は4割超―内閣府調査(医療介護CBニュース)
富良野塾 「僕が一番学んだ」 閉塾で倉本さん(毎日新聞)
<上げ馬神事>馬が転倒、死ぬ 三重県文化財指定、視察中に(毎日新聞)
空を流れる黄河があった(産経新聞)
posted by ヒロタ マサオ at 21:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

線路に砂袋 特急が停止 東海道線(産経新聞)

 4日午後9時ごろ、京都市南区のJR東海道線向日町駅付近で、走行中の富山発大阪行き特急サンダーバード42号(9両編成)の運転士が異音に気づき緊急停止した。運転士が付近で、車輪に踏まれたとみられる敷石入りの砂袋を発見、JR西日本の職員が京都府警に通報した。乗員乗客約500人にけがはなかった。

 JR西によると、砂袋はナイロン製で重さ約2キロ。敷石の飛散防止ネットを押さえるため線路脇に置いてある。南署は何者かが砂袋を線路上に置いた可能性もあるとみて、列車往来危険容疑で調べている。

川崎市で朝火事、父親と幼児2人が重体(読売新聞)
2014年に読売新聞社が新社屋(読売新聞)
佳子さま、学習院女子高等科へご入学(産経新聞)
大丸東京店12階から出火、客は避難(読売新聞)
鳩山内閣支持率が急落33%…読売世論調査(読売新聞)
posted by ヒロタ マサオ at 11:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

中井国家公安委員長、国会で危機管理の追及受けてもなぜか上機嫌(スポーツ報知)

 「ハマグリの変」が、ついに国会論戦にも本格波及した。「週刊新潮」に交際女性との“路上キス”とみられる写真が掲載された中井洽国家公安委員長(67)が29日、参院災害対策特別委員会に出席。“ヒゲの隊長”こと自民党の佐藤正久参院議員(49)から、防災担当相としての危機管理体制などについて厳しく追及された。

 「ハマグリ」の異名を持つ中井氏が“例の件”で約40分間、グリグリと突き上げられた。佐藤氏はチリ地震翌日の2月28日、日本中が津波に備えた日の「首相動静」に中井氏の名前がないと指摘。「午前8時半、官邸に対策室が立ち上がっていた。どこにいたのか?」と尋ねた。

 すると中井氏は「(赤坂)宿舎で待機していた。場合によってはすぐ現地へ飛ぶかもしれないので、一応2日ほど泊まってもいい用意をして待っていた」。午前中は家にいたとあっさり認めた。

 中井氏が官邸に行き、鳩山由紀夫首相(63)と会ったのは午後1時前後という。佐藤氏は「肝心の大臣が指揮所にいないのはおかしい」と詰め寄ると、中井氏は「マニュアルは自民党時代に作られた」とアッサリ。佐藤氏は「あの日は朝からみんな必死だった。どんだけの対応が必要だったか。ここまで追及するつもりはなかったのに!」と声を荒らげた。

 福島県沖で地震が起きた今月14日に週刊誌で「ホワイトデーデート」の様子も報じられたことにも「それほどおしかりをいただくことか? まぁ、反省もいたしておりますが」。津波警報が出た中で行われた東京マラソン開催の判断には疑問を呈していた中井氏も、自分の行動には「問題なし」の判断のようだ。

 妙に血色のいい顔で、どっかとイスに腰を下ろしていた中井氏。やたら上機嫌で各党議員の質疑に大きくうなずいたり、身ぶり手ぶりを交えて話し、時には「ガハッ」と豪快な笑い声も上げた。別の野党議員が週刊誌報道に触れた際は、水をガブ飲みしてナゾの“どや顔”だった。

 さらには津波当日「政務官が『仙台へ飛びたい』と言って中部国際空港で待機」した上、上京は「2時半頃」だったことや、副大臣が官邸に来たのが「11時過ぎ」だったことを、なぜか次々“暴露”した。

 佐藤氏は「つまり(8時半時点で)誰もいなかった!?」と憤慨。質問後に取材に応じ「津波の日の朝、宿舎に誰といたのかを聞かなかったのは武士の情けです。あの方は全然(精神的に)こたえていない。むしろ元気で顔もテカテカだった」とあきれた様子だった。

 【関連記事】
中井氏、週刊新潮に反論「路上でキスは1回もない」
中井国家公安委員長「路上キス」事実でない
路チュー中井氏「危機管理問題ない」
「もし諜報員なら」…進次郎氏、中井氏を批判
ハマグリ 週刊新潮 中井洽 を調べる

「キャバクラなら客になる」女子少年院でセクハラの教官処分(産経新聞)
「受動喫煙防止条例」4月1日に施行、各施設で準備進む(産経新聞)
谷町線で保守中ケーブル切断 15万人影響(産経新聞)
スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)
【視点】「赤旗」配布 政治活動規制のあり方問い直す(産経新聞)
posted by ヒロタ マサオ at 21:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。